《レビュー》アンソニー・ホロヴィッツ著「カササギ殺人事件」

読書感想文

また面白いミステリーを見つけてしまいました。

今回読み終わったのは、アンソニー・ホロヴィッツ著「カササギ殺人事件」です。

古典的な英国ミステリーが好きな私にはたまらない、アガサ・クリスティのオマージュミステリーです。

created by Rinker
¥1,100 (2022/12/10 01:52:10時点 楽天市場調べ-詳細)

ミス・マープルやブラウン神父など英国ミステリー定番といえるような、

古くて美しい教会、豪壮な貴族の館がある田舎の村。

そんな閉鎖的な村で起こる殺人事件。

エルキュール・ポワロを思い起こすような、外国人の頭の切れる探偵。

古典的な設定で物語は始まります。

1955年7月、サマセット州にあるパイ屋敷の家政婦の葬儀が、しめやかに執りおこなわれた。鍵のかかった屋敷の階段の下で倒れていた彼女は、掃除機のコードに足をひっかけたのか、あるいは、、、、、。その死は、小さな村の人間関係に少しずつひびを入れていく。燃やされた肖像画、屋敷への空巣、謎の訪問者、そして第二の無惨な死。病を得て、余命幾許もない名探偵アティカス・ピュントの推理はー。


カササギ殺人事件<上> (創元推理文庫) [ アンソニー・ホロヴィッツ ]

アティカス・ピュントと助手のジェイムズ・フレイザーは村の住人の話を聞いて回り、

ひとつひとつの状況証拠つなげていく。

「揺るぎない証拠よりもむしろ推論を組み立てることによって、謎はすべて解けている」

そして、上巻の最後、、、、

「あの男は、わたしが知りたかったことをすべて教えてくれたよ。あの男こそは、この事件のきっかけを作った人物なのだからね」

「本当ですか?いったい、何をしたんです?」

「自分の妻を殺したのだ」


カササギ殺人事件<上> (創元推理文庫) [ アンソニー・ホロヴィッツ ]

ん?

上巻でもう分かっちゃったの?

この後、下巻が300ページ以上あるのに?

created by Rinker
¥1,100 (2022/12/09 22:42:37時点 楽天市場調べ-詳細)

ここからが、小説の常識を覆すような展開が始まります。

★ネタバレ若干あり。注意!

下巻では、突然ミステリー小説の伝統的な美しい田舎の村から、

現代のロンドンへ引きずり出されます。

こんなに腹立たしいことってある?

日曜の午後、原稿の最後まで目を通したわたしは、すぐさまチャールズ・クローヴァーに電話をかけた。チャールズはわたしの上司で、《クローヴァーリーフ・ブックス》の最高経営責任者、〈アティカス・ピュント〉シリーズの発行人だ。

「チャールズ?この原稿、結末部分はどうなっちゃったんですか?ミステリの原稿を読ませておいて、誰が犯人かわからないようにしておくなんて、いったいどういうこと?これを聞いたら、かけなおしてくださいね。」

カササギ殺人事件<下> (創元推理文庫) [ アンソニー・ホロヴィッツ ]

さっきまで、このアティカス・ピュントの推理シーンが来るぞ!とドキドキしていたのに、

「犯人」は突然おあずけにされて、

突然このミステリー小説の編集した女性のロンドンの自宅に移動します。

しかも、ついに推理が始まる!ってときに、大事な結末がなくなってしまいます。。。

一体誰が犯人なんだ、一体誰が殺したんだ、動悸は?トリックは???

そんなお預け状態から、このミステリー小説の作者である「アラン・コンウェイ」の自殺が発覚します。

消えたミステリーの結末、そして不可解な遺書。

アラン・コンウェイの葬儀で出会う、小説とリンクするような個性的な人々。

そんな人々の話を聞いて回る度に、さらにこの自殺に疑問符がつき始めます。

そして、この編集者の女性自身がアティカス・ピュントを彷彿とするような推理を組み立てていくのです。

アラン・コンウェイの作り出した「カササギ殺人事件」と

アラン・コンウェイ自身の「死」の2つがクロスしながら、ひとつのミステリー小説になっているんです。

そして、最後この2つのストーリーが衝撃の真実で同時に解決することになります。

とにかく予想がつかない展開の中で最後の衝撃、、、

ミステリー好きさんには、ぜひ読んで欲しい!

古典的でかつ新しいミステリです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました