なんだか焦ってしまうときは

今日のつぶやき

ワクチンの副反応で思ったよりも仕事を休んでしまいました。

「明日、会社に行ったら、あれもやらなきゃいけないし、これもやらなきゃいけないし、、、」

前日からソワソワ不安になって、それだけで胃がまたキリキリしてきました。

そんなときは、原点に戻って、「書き出す」をします。

明日何をやらないといけないのか、

いつまでにやらないといけないのか、

忘れている細々としたことはないか、、、

色々書き出すと明日中にやらないといけないことっ

案外少ないことに気が付きます。

「ここまでにやらなくちゃいけないから、明日はここまでやろう」と決めると、

明日の自分の道しるべが出来て、妙なソワソワ感やドキドキ感がなくなっていきます。

実際に出社してみると、ノートに書き出したこと以外にも

突発的なことが発生します。

でも、ノートを見て、「今日これはできなくなってしまったけれど、

急ぎではないから大丈夫!」と安心できるのです。

また、終わった項目は線を引いてどんどん消していくことで、

達成感も出てきます。

家で仕事のことを考えたくないと思う方もいると思いますが、

私は不安をそのままにすると眠れなくなってしまうので、

夜お風呂に入って気持ちが少しでもフラットになった状態で、

淡々と書き出すようにしています。

勤務時間内に焦って、イライラしたり、ソワソワするよりも、

前の日の予習的な意味でこの時間を取ることで

無駄な心の動きを静めることができます。

結果的に心の疲弊が少なくなり、

身体の疲弊もたまりづらくなります。

漠然とした不安や焦りはまず書き出して、それを客観的に眺めること。

それを覚えてからは、仕事にもプライベートにも活用しています。

プライベートの不安はこのブログに吐き出すこともありますし、

ノートにダラダラ書き出すこともあります。

書いていると、なぜか自然と結末は自分を励ますような言葉が出てきます。

案外マイナスだけを書き続けるって難しいものです。

自分の中から出てきた優しい言葉を客観的に眺めていると、

少しずつポジティブな気持ちが芽生えてくることもあります。

書き出すこと。

書き出すことで自分と向きあう時間をつくること。

それが仕事でもプライベートでも大切なひとり時間になっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました