頭皮ヨワヨワ人間の初めての白髪染め

今日のつぶやき

子どもの頃から、頭皮がアトピー気味で、合わないシャンプーを使うと、

すぐに赤みとかゆみがすぐに出てしまいます。

たとえば、LUXなどの比較的安価なシャンプーや、大人気のボタニストなど

ドラックストアで購入するものは、ほぼ使えません。

2~3年前に何回かカラーをしたんですが、赤みが出てかゆみもありました。

でも、どうしても染めたくて我慢していたんですが、いよいよ頭皮がべろべろ剥け始めました。

美容師さんからもさすがに止めた方が良いとのことで、地毛のまま何年か過ごしていました。

ただ、ここ何年間かは白髪が隠しきれなくなってきて、ちょこちょこ切るようになっていました。

でも、白髪は強いので、どうしてもピンっと出てきてしまう。。。

そこで、頭皮の弱い人でも使えるものを探してみました。

ジアミンアレルギーとは?

カラーが出来ない人の代表的なものとして、ジアミンアレルギーというものがあります。

ジアミンアレルギーとは?

一般的なファッションカラーや白髪染めにはいっている成分であるジアミン(パラフェニレンジアミン)にアレルギー反応が出て、

頭皮のかゆみやかぶれ、ひどいときには身体のだるさにつながることもあります。

アレルギーを起こしている状態で何度もカラーをすることで、重度のアレルギーを引き起こすこともあるようです。

私の場合は、最初は頭皮の赤みから始まり、だんだん頭皮がベロっと剥けるほどになりました。

原因としては、花粉症などと同じで、ある程度蓄積することでアレルギーとしての症状が出てくるようです。

花粉症もそうですが、その容量が人によって違いはありますが、私の場合はもともと肌が弱いので、

余計にアレルギーになりやすい体質だったんだと思います。

92%天然由来のヴィラロドラで染めてみた

一般的にジアミンアレルギーがある方が髪色を変えたいときの選択肢は

  • ブリーチ
  • ヘナカラー

この二つになってしまうと思います。

ブリーチはジアミン自体は含まないのですが、やはり髪の痛みが気になるし、ある程度の暗さを保つのが難しい。

ヘナカラーを扱うお店はあるんですが、専門的にやっている美容院は年齢がもう少し上の方向けのイメージ。

(会社の方がヘナをやっているんですが、オレンジっぽくなってしまうようです)

調べていくうちに、極力自然の原料で出来ていて、白髪も染まるカラー剤を見つけました。

それが、ヴィラロドラカラーです。

イタリアのメーカーが作ったヘアカラー剤で、従来のヘアカラー剤よりもジアミンを抑えて、

天然由来92%で出来ていて、イタリアで厳しいオーガニック団体の認証も取っているようです。

主なオーガニック成分は、、、

  • オリーブ
  • ホホバ
  • ヒマワリ
  • フェンネル
  • カレンデュラ

カラー剤独特の刺激臭も70%カットされているんだそうです。

ただ、難点としてハイトーンのカラーは難しいようなので、白髪をきれいに染めつつ、

ナチュラルな印象に仕上げたい方にはおすすめです。

実際染めたあとのかゆみは?仕上がりは?

私は地毛が真っ黒ではあるんですが、美容室さんがおっしゃるには4レベルだそうです。

そこを、7レベルのベージュブラウンに染めました。

★染め上がり

白髪もしっかり染まりました。

ただ、1週間くらいに若干白髪独特の白い光を感じ始めました。

髪の痛みはほとんど感じない、むしろ手触りが良くなってツヤも感じました!

周りの髪の毛のトーンをベージュ系のナチュラルな明るさにしたので、

その後の白髪もそこまで目立ちませんが、暗いトーンで染めると気になるかもしれません。

ちなみに、3週間経った今の状態がこれ。矢印部分が白髪の部分です。

★頭皮の痛み

痛みも赤みも全くなしでした!

家に帰って若干かゆみがありましたが、暑い日だったので、汗によりものもあるかもしれません。

通常のカラー剤だと染めたその場から赤みが強くあったので、これは嬉しい!

べろべろ剥けていた皮膚も強い違和感なしでした。

ちなみに、カラーをした後に、ジアミン除去という処理も出来たので、お願いしています。

★刺激臭

70%カットというほど、刺激臭がないとは思えませんでした。

通常のカラー剤と本当に”若干”穏やかかなと思うレベルでした。

さいごに

子どもの頃から皮膚の弱さがコンプレックスでした。

無理して染めようとしていましたが、完全に身体に反応が出てしまったので、

おしゃれを諦めざるを得ないと思っていました。

でも、探せば何かしら解決策を見つかる!

うまく自分と付き合うということは、心も見た目も変わりません。

特に年齢とともに見た目のコンプレックスは増えていきますが、

うまく年齢とも付き合いながら、素敵な年の重ね方をしたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました