HSPの本を読み漁って分かったこと

繊細さん

自分の気質を少しでも理解したくて、HSP関連の本を読み漁って分かってきたことがあります。

それは、「無意識を意識すること」がHSPさんにとっては大事だということです。

その無意識は多岐に渡ります。

ここにいると何だか心地が悪い

いつも決まった悪夢を見る

この服を着るとテンションが下がる

この部屋では眠れない

この人達といるとなんだかテンションが下がる

ひとつひとつは取るに足らないことであっても、

その無意識をちゃんと意識して、ときには言語化することで、

自分自身の取扱説明書が出来上がります

たとえば、私の場合はモノが多い環境にいると焦りやイライラが増して、

心地が悪いことに気が付きました。

それは、職場であっても、自宅であってもです。

モノがごちゃごちゃしていると、情報量が多くなりすぎて、

職場であれば、「こんなに仕事が残っている」とか「今忘れている仕事なかったっけ?」とか

余計な不安が無意識の内に生まれていることに気が付きました。

自宅であれば、「早く片付けないと」とか「ゴチャゴチャした空間に押しつぶされそう」とか

視覚的に追い立てられるような感覚が湧いていました。

その「無意識」に気付いてからは、引越し先でも最初からあまりモノをそろえずに、

暮らしながら必要だと思ったタイミングでそろえるようにしたり、

洋服はハンガーの数を決めてそれ以上増やさないという工夫をしました。

家でリラックスできないときは、周りの環境を観察し、

モノがゴチャゴチャ置いてあるところだけでも片付けることで、

自分の心地よさをキープできるようになりました。

他にも、人がテンション高く話している(特に声が大きい人、高い人)空間が疲れてしまうことに気付いたので、

職場でなんとなく疲れてきたら、

おしゃべり好きな同僚とは少し離れて座ったり、一旦お手洗いに行くなど、

不快な環境から一度離れて、自分を休ませてあげるようにしています。

必ずしもいつも自分が快適な環境にいられるとは限りません。

でも、自分が何が快適で何が不快なのかが分からなければ、

「なんとなく疲れる」「なんとなくイライラする」を繰り返して、

自分を酷使してしまいます。

ただえさえ、HSPさんは感覚が繊細で疲れやすい気質です。

少しでも自分の理解を深め、この鈍感な世界を生き抜くために、

無意識をちゃんと意識して、自分を正しく取り扱う術を見につけていけたらいいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました