お金を使わない自分の癒し方

今日のつぶやき

会社で嫌なことがあった日に、

お気に入りの家電も壊れて、

胃痛もしてきて、、、

実家で暮らしていたときは、お金にも多少の余裕があったので、

ヨガやスポーツジムに通ったり、

近くのカフェで本を読んだりと、

自分なりに対策していました。

彼氏に振られたとか、

仕事が辛い日々が続くなど、

大きなストレスを感じたときは、

思い切って海外へ一人旅して、

リセットしていました。

ただ、一人暮らしをしてからは、

正直ヨガやスポーツジムに通う余裕がありません。

このご時世もあって、旅行も難しいですし、友達とも頻繁には会いづらい。

メンタルよわよわの私。

胃痛も続いているし、なんとかしなければ!

ということで、現在チャレンジしている「お金のかからない自分の癒し方」です。

とにかく歩く!

スポーツジムやヨガに行くなど、

身体を動かすことは、最強の癒し術だと思っています。

特にHSPさんは、深く物事を考えがち。

私も嫌なことがあった日は、そのことをずっと考えてしまい、ずっとどんよりに、、、

でも、身体を動かしているときは、基本的に余計なことを考えずに、

ただ自分の身体に向き合っています。

スポーツジムやヨガに行くお金がなくても、

散歩はゆるやかに身体を動かせます。

ゆるやか過ぎて、また考え事で頭がいっぱいになりそうなときは、

音楽やポッドキャストを聴いています♪

私の場合は、歌詞が入っていると、その歌詞の内容に気持ちが触れてしまうことがあるので、

好きな映画のサウンドトラックを聞いたりしています。

AvengersとかStar warsのサントラだと音楽も壮大で、

どんどんテンポ良く歩いて、気分が上がっていきます!

本当は1日の終わりに歩いたり、走ったりして、

シャワーをざっと浴びて眠れたら理想なのですが、

1度家に入ると外に出たくなくなるので、

職場から乗り換え駅までの約3km程を仕事終わりに歩いています。

お休みの日もお買い物の帰りに少し歩いたり、

乗り換え駅まで歩いたりします。

歩いていると、空の様子とか木の緑の濃さとか、

そんな小さなことにも目線がいって、

だんだん嫌なことを考えている時間が少なくなってきました。

都会でもビルの合間の青空がとってもきれい。

夕方にはこんな色合いの空に思わず立ち止まってしまいます。飛行機が飛んきて、またいつか空を飛んで、知らない街へ行けると良いなと思ったりも。

youtubeでヨガレッスン

以前はヨガに通っていたのですが、

意外とヨガのレッスンって高い気がします。。。

でも、ヨガって癒しという意味では、色々メリットがあります。

私が個人的に感じているメリットは、、、

  • 身体のこわばりを緩めることで、身体のコリがほぐれる
  • 腹式呼吸によって、身体の隅々まで呼吸が行き渡り、血行促進につながる。(冷えの改善)
  • 伸びている部分など、自分の身体に集中することで、瞑想効果がある。
  • 身体を程よく緊張させてから、ゆるませることで、身体の力の抜き方が分かるようになる。
  • 体の芯を意識することで姿勢が整う。

また、お気に入りの先生はいつもクラスの前に小話をしてくださるんですが、

それが、日常の話をヨガの視点から感じたことを語ってくださるので、

ふと心の視野が広まって、それも癒しのひとつでした。

そんなレッスンと同じ空気感を味わうのは難しいかもしれませんが、

最強の無料ツールであるyoutubeを活用しています。

【寝る前のヨガ】 全身の疲れを癒し、自律神経を整える #481

個人的にはあまり長いものではなく、

10~15分くらいのものが続けやすいと思います。

毎日寝る前にこれだけやるんですが、

いかに自分の身体が緊張したり、こわばっているのかに気付きます。

そうすると、自然と自分をもっといたわってあげようと思えるんです。

本当は、朝もやれば、1日のスタートが変わりそうですが、

そこは無理せず、できる範囲で♪

5分だけ瞑想チャレンジ

マインドフルネスという言葉が流行りましたが、

瞑想の素晴らしさは広く知られていると思います。

瞑想を行うと幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが出るので、

科学的にも自分の癒し方にぴったりな方法だと思います。

以前は、頭が空っぽになることがなく、

常に色々なことを考えたりしてしまう自分自身に疲れていたので、

瞑想中心のヨガクラスに入ったこともありました。

そのクラスは、瞑想がメインなので、

ヨガのポーズで集中力を高め、ラスト約20分間は瞑想時間。

瞑想の良さは理解しつつも、私の場合はどうしても頭から考えが浮かんでしまい、

頭が空っぽの感覚が分かりませんでした。

また、クラスで行うと無音の中に他の人の息のリズムを感じてしまったり、

自分自身が変な音を出さないようにとか、

周りを気にしてしまいました。

それでも、一人暮らしになってから、気軽にできる自分の癒し方として、思い浮かんだのは瞑想でした。

自分の家なら周りの音を気にする必要がない。

まずはyoutubeで5分の瞑想動画を探し実践しました。

【マインドフルネス瞑想】夜の5分間瞑想

常にガイドの声があるのですが、逆にそれが無音より集中できました。

そのガイドの言っていることに集中。

5分だけならその集中力が切れることもありません。

また、大事なことは完全に頭を空っぽにしなくても良いと許可したことでした。

嫌なことを忘れようとすればするほど、忘れられないように、

何かが頭に浮かんでしまっても、そのままで良いと思うようにしました。

実際は、5分という短さもあり、案外考え事が止まります。

瞑想が終わって目を開けると、

目の前にただ静かな空間がある。

それは、言葉やイメージで埋め尽くされた私のに、

ただ今があるということを教えてくれています。

慣れたら、もう少し長い瞑想にチャレンジしたい!

さいごに

まずは、自分自身で自分の疲れやストレスを

感じてあげることが大事かなと思います。

以前は、無理していることさえ分からずに、

週末になると、動けないということがよくありました。

ベットでダラダラ過ごして、また週明けからなんとか会社に行く。

そんな毎日で心も麻痺していたのか、

そのうち友人の誘いさえも断って、

一人で引きこもっていました。

今となれば、その経験があるからこそ、

自分の限界が分かって、

ここまで来たらヤバいな、対策しなきゃなと思えるようになりました。

こまめに休む。

そして、休み方も自分との長い付き合いの中で試行錯誤。

まだまだ自分のことか分からないけれど、

ひたすら自分と向き合い続けて、

自分と仲良くいられるように。


HSPランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました