季節の変わり目は自分と向き合う時間

今日のつぶやき

この1週間、急に季節が真夏から晩秋になったかのように変わりました。

そのタイミングで生理が来たり、

仕事が忙しく残業が続いたりしました。

会社でPCR検査を受けないといけない人が出て、

「もしやついに?!」というようなこともあり、

気持ちがソワソワしたり、イライラが止まらなかったり。

ブログを始めて、少しずつ自分の気持ちを表現できるようになったり、

自分との付き合い方が分かるようになっていたのに、

また前のように自分で自分の制御が利かなくなった気がして、

落ち込む日々でした。

思えば、季節の変わり目はもともと落ち込みやすい季節でした。

新卒の会社で軽いうつ症状があったのですが、季節の変わり目は特に気持ちの上下が激しかった記憶があります。

この季節の変わり目に落ち込む症状をちゃんと調べてみると、

季節性感情障害」というものがあるそうです。

原因としては、日照時間が減ることによって

幸せホルモン「セロトニン」の生成が減るからと考えられているそうです。

医学的なことを置いておいても、

身体が暑さから寒さに慣れるのに、負担がかかりますし、

肌寒くなると人肌恋しくなったりもしますよね。

人間だって、冬に向けて冬眠のように外から内に向かっていくのに、

仕事で身体にムチ打って、外にどんどん出て行ったりすることで、

身体が「休んでー!」といっているのかもしれません。

食生活を変えたり、サプリメントで補ったり、運動したり、、、

解決策を調べてみると、大体はこんなことが書いてありますが、

とにかく休むことが必要だと思います。

休むことを自分に許してあげること。

また、弱くてイライラしやすい器の小さな自分に戻ってしまったことを、

自分に対して許してあげること。

そして、それでも少しずつ前に進んでいる自分を褒めてあげること。

それが、今の私にしてあげられることだと思います。

落ち込むことは、自分と向き合うキッカケになります。

この季節は、避けても逃げても必ず来るのだから、

落ち込む自分やイライラ自分を避けずに、

ゆっくり自分と向き合う季節にしたいなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました